念願

旅行,生活

どうも、カスタマーサクセス久保です!

先週末念願の花火を撮りに行ってきましたので、ブログに掲載したいと思います。
「念願の」というくらいで、コロナ禍が始まってからかれこれ2年ほど花火を撮りに行けていませんでした。
(過去に花火のブログも書いていましたが、よく考えてみるとものレボに入ってから花火撮りに行ってないですね笑)

今回はどこの花火大会に行ってきたかというと、岩手県です笑

土曜日に三陸花火競技大会が模様される予定でしたので、金曜日の夜発で友人と共に岩手までドライブしてきました。

肝心の花火ですが、一言でいうとサイコーでした。

なんなんですかね、久しぶりっていうのも勿論ありましたが、やはり花火は良いですね。笑
写真にキレイな花火を撮るというのも一回こっきりの勝負なので難しく楽しいですが、やはり、花火を単に見るというのも良いもんですね。

今回の三陸花火競技大会は”音楽にのせて大量の花火が打ち上げられる”というものだったのですが、鳥肌立たせながらスゲー!スゲー!と言いながら見ていました笑

帰宅してブログの筆をとりながら、なぜこんなに花火を良いと感じるのか考えてみました。

そもそも、”花火は良い”とは自分の中で何を意味しているのか、これは僕の中では、”花火を見ることで感動しているので良いと感じている”という状態です。
では、なぜ花火を見ると感動するのか。

個人的に花火を見るという点において、どのような点に惹かれているのか考えたところ、「音楽との連動」なのかなと思いました。

花火が打ち上げられるとき、BGMのサビ部分に併せて勿論花火のフィナーレを持ってきますので、目と耳の両方から同時に感情を揺さぶられます。
これまで音楽のない花火大会も行ったことはありますが、振り返ると「感動する」という状態にはあまりなっていないかな、、と感じます。(勿論そういう花火の音を味わう花火大会も好きですが)
音楽によって気分が高揚している状態で、そこに視覚から規格外のサイズの花火を感じることによって、圧倒と気分の高揚で感動するという状態なのかな、と考えてました。笑

いろいろ書きましたが、今回花火を通して良い感動体験をしたので、このような体験をお客様にも味わってもらいたいと感じました。

ものレボのお客様にも、サービスを触ったときに圧倒され感動するようなUXを提供できるよう精進します。(これがものレボのバリューでもあるワクワクするUXってやつです)

最後に稚拙ではありますが、今回撮った写真を載せて終わりたいと思います。

読んでくださりありがとうございました!

旅行,生活

Posted by KuboKento